中古住宅瑕疵保険

既存住宅瑕疵保証責任保険とは

mansion-img-03-12809602009年に新築住宅の瑕疵担保履行法が施行。
(住宅会社が倒産しても、主要構造部と雨水の侵入に対し
10年間の保証が確保される法律)されています。
2010年には中古住宅の瑕疵担保保険(任意)
が住宅瑕疵担保責任保険法人(5社のみ)より
提供されています。
2014年4月から中古住宅の保険に限って、
給排水管路の水漏れに対してもカバーできる事になりました。

保険の特徴として
既存住宅売買瑕疵保険に加入するためには、
住宅の基本的な性能(主要構造部・雨水の侵入・給排水管路等)
について、瑕疵保険専門の建築士による検査受けることが必要です。
これにより、中古住宅に保険会社の保証のついた、安心できる
品質の裏付けが担保された住宅となります。
もし、後日、売買された中古住宅で保険適用箇所による
不具合や欠陥が見つかった場合でも、保険対象期間内と
保険金額内において補修費用・調査費用・仮住まい費用までもが
保険会社から支払われますので当事者間のトラブルも回避できます。

瑕疵保険の内容が一目瞭然?でご理解頂ける動画を是非
ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=YJQ6u5OPQgo&feature=youtu.be

既存住宅瑕疵保証責任保険で安心も買う!

zusiki-01インスペクションは建物及び管理・修繕等、
全体の健康の状態を調査する事が目的です。

保険の場合は主要構造部と雨水の侵入・給排水管路のトラブルにおいての瑕疵保証が得られる事で、万一の場合も安心いただけます。
通常、不動産屋さんが仲介に入った、個人の売主さんから購入された物件は現状引渡しが原則で、素人の販売ゆえに通常、長くても3ヶ月(短い場合だと0ヶ月(=瑕疵担保無し))しか不具合や欠陥に対して保証がついていません。(不動産業者さんの販売物件はプロである事から2年の瑕疵保証が付きます)

引き渡しの日から
1年間か5年間の2タイプ、
補償上限金額は500万円と1000万円
(5年の場合は1000万のみ)

をお選び頂けます。
補償金額としては十分であると考えています。

まもりすまい既存住宅保険 [個人売主型]

保証責任保険付で築20年以上の物件にもローン減税と登録免許税の軽減措置が適用!

mansion-img-02-1280960本来、戸建であれば、築20年まで(マンションなら築25年)
の物件に限り住宅ローン減税(10年間で最大200万円の控除)
対象となっています。
平成25年度の税制改革にて、
「既存住宅瑕疵保証責任保険」の取得住宅は築20年以内の住宅と同様に10年間で最大200万円の控除が適用され、さらに登録免許税(住宅取得時に伴う税金)の移転登記分が3/20に抵当権分が1/4となる減税措置が受ける事ができます。
簡単にいいますと、加入適応住宅であれば、保険料は登録免許税の軽減でチャラとなり、ローン減税(200万円分の控除枠)はほぼ全額コストダウンできると思って頂ければよろしいかと・・・これは、かなりの大金ですよ・・・25年以上の物件は必ず入るべきです!
瑕疵の保険が付いて、そのうえ保険料の10倍以上の税金が免除されます。損しますよです! 
でも不動産屋さんでご存知の方、まだまだ少数です・・・

 

売主様も保証責任保険付の売り物件として安心・安全をアピール!

売主様も瑕疵保険専門の建築士による検査に合格した「5年1000万円の瑕疵保証保険付住宅」として売り出す事で早期高値に寄与できると思うのですが・・・
保険料は売主様負担とはなりますが、特にご入居中の物件であれば尚更、絶対的物件の安心感がアピールできるはずです
・・・保険の起点は引渡し日からとなります。事前検査の結果にて申込みの完済を頂ければ買主様へ保険が発行されるしくみです。

当社㈱GFが倒産でも保証会社から直接、保険金のお支払で安心!

万一、保険適用箇所において欠陥が出た場合、まずは株式会社GFへお問合せください。
当社にて欠陥部位の調査を行い、保険法人への報告・審査・査定・請求を行い瑕疵(かし)が認められますと保険法人から当社へ一旦、保険金が支払われます。のちに保険契約者様へ保険金のお支払いをさせて頂くしくみとなっております。当社が倒産の場合には、保険契約者様が直接、保険法人へご連絡頂く事で同様のフローとなりますので、ご安心してご利用ください。

保証保険加入条件

主だった条件として

  1. 宅地建物取引業者以外が売主として売買契約が締結される既存住宅
  2. 1981年以後の新耐震基準に適合している住宅
  3. 完了検査済み証がある住宅 等です

上記の条件を満たし、かつ現場検査において検査機関(株式会社GF)の保証が約定しておりますと保険証券のお渡し(=お引渡し)ができます。

最重要
瑕疵保険の付保は売買物件の引渡し(=所有権の変更日)までに検査機関(GF)の現地調査が終了し保証責任の「約定」が完了している事が必須条件となります!引渡し日と保険の現地調査日程に十分ご注意願います!