管理組合の方々、ご検討の価値はすごくあると思うのですが・・・

今回はすごく画期的なシステムが
なんと平成18年(2006年)から 開始されていて、
これも「中古住宅の瑕疵保険」と同じく
すごくいいものなのに認知されておりませんので、
微力は承知の上でご紹介させて頂きます。

所有者・管理者・管理会社の全ての方々が
ネット上にて情報共有できる!
画期的システム~!!

新築・既存マンション共に対象です。

公益財団法人 マンション管理センターの

「マンションみらいネット」 です

実に、素晴らしい!

●簡単に申し上げると、マンションに必要とされる
図面・許認可書類・管理規約・議事録・修繕履歴等々
の全ての書類をみらいネットのサーバーに電子化情報
として蓄積  しておくサービスです!

システム概要はこちら!是非ご覧ください!

全ての情報がネットを通じて管理組員が見れます!
例えば、定期年次総会の議事録を個人的に保管される方は
極めて少ないと思いますが、ネットで何時でも見れます。
中古として売買する際にも極めて情報が開示されている
物件として情報の間違い・トラブルも減ると判断します。

又、年々増加する書類のファイリングスペースの省力化
にも寄与します。

まさに、ペーパーレスにて履歴から運営状態まで整理・
構築がなされてます。第三者への相談をする際にも
第三者が判断しやすい資料となります!

是非、貴組合で検討されては如何でしょうか?
料金もリーズナブルといいますか、公益財団価格で
民間企業では太刀打ちできない価格かと・・・